MENU

スポーツバカは精子が危険!早めの対策が必要

早漏

 

激しい運動は元気な精子という面からは黄色信号。

 

運動によって体内の活性酸素の量が著しく増え、それが精子の状態にも影響する。

 

精液検査では、とくに奇形精子の割合が増えることがわかっている。

 

 

激しい運動をすると、体内で活性酸素が発生する。

 

活性酸素が細胞を酸化させて、成人病を引き起こしたり、老化の原因になるのはよく知られている。

 

 

体内では常に活性酸素が発生しているので、人間の体に抗酸化のシステムが備わっている。

 

カタラーゼ、ビタミンC、ビタミンE、カロテン類、コエンザイムQ10、ポリフェノールなどが活性酸素の火消し役として活躍する。

 

 

健康的に生活してれば、活性酸素が発生してもこうした抗酸化のシステムが働いてバランスを保つことができる。

 

 

しかし、喫煙、大量の飲酒、睡眠不足、紫外線、ストレスなど、ふつうに暮らしていても体を酸化させる要素にあふれている。

 

 

そこに、激しい運動が加わると本来持っているシステムでは対応出来なくなるのだ。
その影響が精子にも大いに現れる。

 

 

では活性酸素から精子を守るためにどうしたら良いかというと、

 

抗酸化作用を高めること。

 

禁煙、過度の飲酒を控える。

 

また抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂ろう。

 

ビタミンE、C、カロテン類、コエンザイムQ10、ポリフェノールなど、豊富に含む食品を意識して食べること。

 

食材は新鮮なものほど酸化のういきょうが少ない。

 

激しい運動をしている人はぜひ参考にして欲しい。

 

⇒早漏の私がリドスプレーで持続時間が30分も伸びた体験談

このページの先頭へ